住宅購入で税務調査が来る?

永江 将典

公認会計士・税理士
プロフィールへ


住宅購入は多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。
しかし、この大きな取引には税務上の注意が必要な場合があり、
時に税務調査が行われることもあります。

今回は、住宅購入に伴う税務調査の事例を探り、
どのように準備し対応すべきかを解説します。

実際に調査が入った事例

住宅の購入によって実際に税務調査が入った事例のひとつに
購入価格と所得の不一致によるものがあります。

購入者の申告所得と、購入した住宅の価値が大きく異なる場合、税務署では資金の出所や所得の隠蔽を疑うことがあります。

例えば、年収が低いにも関わらず高額な住宅を購入した場合、
その資金の出所について税務調査が行われることがあります。

なぜ税務調査が行われるのか

住宅購入による不動産登記の情報は当然税務署の知ることとなります。

税務調査は、税務申告に誤りや不正が疑われる場合に行われます。
住宅購入の場合、大きな金額の取引が関わるため、
資金の出所、資産の申告漏れ、税金の計算誤りなどが調査の対象になり得ます。

調査のポイント

住宅購入においては、以下の点が特に注目されます。

資金の出所:購入資金がどこから来たのか、適切な資金源があるのか。
申告漏れ:不動産取得税や登録免許税などの適切な申告がなされているか。
住宅ローン控除:申告が正確で、適用条件を満たしているか。

調査を受ける際の対応

税務調査を受ける際は、
準備:関連する書類(購入契約書、ローン契約書、領収書など)を整理しておき、
必要に応じて税理士に相談し、調査官の質問に対して
正確に答えられるようにしておきましょう。
また、税理士に依頼をすれば、調査の対応を全て任せることもできます。

まとめ

住宅購入時には、税務上の注意が必要な場合があり、
時には税務調査が行われる場合があります。
調査において注目されるポイントとしては
資金の出所、申告漏れ、住宅ローン控除の適用条件などです。
税務調査を受ける際は、関連書類の整理し、必要に応じて
税理士に相談することも検討しましょう。

永江 将典

公認会計士・税理士
プロフィールへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする